業者に依頼すれば賃貸管理がスピーディーに片付く

積み木と紙幣

入居と退居の手続きの代行

模型

年度末の忙しさを緩和

仕事をしていると年度末には忙しさが厳しくなることが多く、賃貸管理を副業として行っていると手に負えなくなるかもしれません。退居する人も入居する人も多い時期になるため、他の時期に比べても業務量が増えてしまいます。賃貸管理を業者に依頼するメリットは年度末の忙しさを緩和できることです。賃貸管理を業者に依頼するときには退居から入居に至るまでの一通りの業務を依頼することになるでしょう。年度末に退居するかどうかを伺う通知を送付し、申し出があったときには資金や家賃などの調整を行ってくれます。退居の際には立ち会いを代行してもらうことができ、その後の原状回復の手配も依頼可能です。入居できる状況にするのと並行して、退居の申し出があった部屋について入居者募集を行い、申し込みに応じて内覧の代行や入居者審査などを実施してもらえます。賃貸契約書の作成や重要事項説明なども代行を依頼でき、最終的に引渡しを行うところまで面倒を見てもらえるでしょう。退居をしない人の更新手続きも業務に含まれているので、年度末に入居者との直接的なやり取りが生じることはほとんどありません。賃貸管理を業者に依頼してしまうと、代行してもらう業務についての承認したり、報告を受けたり、送付された契約書などに署名したりするだけで済みます。年度末であっても特に大きな業務を行う必要がないため、忙しさに苛まれることなく賃貸管理を達成することができるでしょう。