業者に依頼すれば賃貸管理がスピーディーに片付く

積み木と紙幣

第3者の連帯保証人

女の人

利用するメリット

賃貸物件を契約する際、連帯保証人を必要とされることが多くあります。もし賃貸契約者が賃貸料金いわゆる家賃の支払いができなくなってしまったときに、代わりに支払いをしてくれる人のことです。最近では連帯保証人不要の物件も見られるようになってきましたが、まだまだ必要な場合が多いですね。連帯保証人というと、危険だから引き受けるなという考えの人もいますし、親族がおらず引き受けてくれる人がいないという場合もあります。そのような時には、賃貸保証会社に依頼する方法があります。近年増加中の賃貸保証会社ですが、賃貸契約する際に親族などの連帯保証人に代わり、第3者である賃貸保証会社が手数料を得ることによって連帯保証人になるサービスを行っています。家賃を立て替えてもらった場合は、もちろん後から支払う義務は求められるようになっています。賃貸保証会社を利用するメリットとしては、不動産屋・貸主にとっては家賃滞納リスクを軽減できることが挙げられます。親族などの連帯保証人よりも支払いに確実性があることも大きいです。逆に借主側のメリットとしては、連帯保証人を探す手間や、依頼の手間がなくなることが挙げられます。親族などがすでにいない場合は友達などに依頼することになるのですが、なかなか承認してもらえなかったり、不動産の審査に通らなかったりなど話が進まなくなってしまうこともあります。賃貸保証会社はそのような手間や問題が起こりません。スムーズに賃貸契約を進めることができ、貸主と借主お互いにとってメリットがあります。