業者に依頼すれば賃貸管理がスピーディーに片付く

男女

入居と退居の手続きの代行

賃貸管理を業者に依頼すると年度末の忙しい時期にも簡単な業務だけで済むようにできます。退居から入居に至るまでの一通りの業務や更新手続きなどを代行してもらえるため、送付された書類の処理程度を行えば良いだけになるからです。

管理業務を委託するには

賃貸物件

リスク回避か高収益か

物件のオーナーであれば、賃貸管理業務を委託するのが一般的です。横浜では特に保有物件が多ければ多いほど委託している傾向にあります。横浜で賃貸管理を委託する場合は、一般管理契約か一括借上管理契約のどちらかになるでしょう。また、一括借上管理契約はサブリース契約や家賃保証契約などとも言います。一般管理契約は、賃貸管理会社がオーナーの代わりを務めて賃貸管理業務を行うという業務委託契約です。オーナーと入居者の間に入って入居者管理と建物管理を行います。入居者管理では、契約を取り結んだり賃料を回収したり滞納者への督促を行ったりといった業務を行い、建物管理では清掃や巡回を行う管理人を派遣したり入居者退去後のクリーニング等の手配を行ったりします。そして一括借上管理契約とは、オーナーから賃貸管理会社が物件もしくは賃室を一括借り上げをして管理をするという業務委託契約です。一般管理契約との大きな違いは賃料が保証されるという点です。一般管理契約では空室の分は賃料を得られませんし滞納された分も然りですが、一括借上管理契約ではそうした問題に関係なく毎月決まった賃料が振り込まれます。手数料を支払う必要がありますが空室リスクを保証してくれるメリットが得られます。しかし、賃室が満室の場合高い収益が得られるのは一般管理契約の方です。いずれにせよ横浜では賃貸管理会社によって契約内容は色々です。自分が求める業務を行う業者を選び、その費用が適切であるか見極めて契約しましょう。横浜はもとより、全国でも賃貸管理契約についての法規制はありませんので、慎重さが求められます。

第3者の連帯保証人

女の人

賃貸契約をする時、親族がすでにいなかったり、引き受けてくれる人が見つからないなどの理由で連帯保証人を立てられない場合があります。そこで利用したいのが賃貸保証会社です。手数料を得ることにより第3者として連帯保証人を引き受けるサービスをしています。貸主・借主両方にとって利用のメリットがたくさんあります。

今すぐ始めたい新しい投資

模型と間取り図

新しい不動産ビジネスとして人気を博しているairbnbですが、どのような代行業者におまかせすればいいのでしょうか。法律的なアドバイスもしてくれて近隣住民とのトラブル解決も請け負ってくれ、掃除バッチリで部屋の稼働率が高い業者に依頼すると良いでしょう。